ヘテロクリニック

認知症

認知症の診断基準

ICD-10による認知症の診断基準要約(1993年)

以下の各項目を示す証拠が存在する

G1(1)記憶力の低下
新しい事象に関する著しい記憶力の減退.重症の例
では過去に学習した情報の想起も障害され,記憶力
の低下は客観的に確認されるべきである.

(2)認知能力の低下
判断と思考に関する低下や情報処理全般の悪化であ
り,従来の遂行能力水準からの低下を確認する.

(1)(2)により,日常生活活動や遂行能力に支障をきたす.

G2. 周囲に対する認識(すなわち,意識混濁がないこと)が,
基準 G1 の症状をはっきりと証明するのに十分な期間,保たれていること.
せん妄のエピソードが重なっている場合には認知症の診断は保留.

G3.次の 1 項目以上を認める.
(1)情緒易変性
(2)易刺激性,
(3)無感情
(4)社会的行動の粗雑化

G4. 基準 G1 の症状が明らかに 6 か月以上存在していて確定診断される


NIA-AA AD 診断ガイドライン作成ワークグループから推奨された認知症の診断基準(2011年)

1.仕事や日常活動に支障
2.以前の水準に比べ遂行機能が低下
3.せん妄や精神疾患によらない.
4.認知機能障害は次の組み合わせによって検出・診断される
(1)患者あるいは情報提供者からの病歴
(2) 「ベッドサイド」精神機能評価あるいは神経心理検査
5. 認知機能あるいは行動異常は次の項目のうち少なくとも 2
領域を含む
(1)新しい情報を獲得し,記憶にとどめておく能力の障害
(2)推論,複雑な仕事の取扱いの障害や乏しい判断力
(3)視空間認知障害
(4)言語障害
(5)人格,行動あるいは振る舞いの変化

※NIA-AA:National Institute on Aging-Alzheimerʼs Association


DSM-5による認知症の診断基準(2013年)

A. 1つ以上の認知領域(複雑性注意、認知機能、学習および記憶、言語、知覚-運動、社会的認知)において,以前の行為水準から有意な認知の低下があるという証拠が以下に基づいている:
(1) 本人,本人をよく知る情報提供者,または臨床家による,有意な認知機能の低下があったという概念
および
(2) 可能であれば標準化された神経心理学的検査に記録された,それがなければ他の定量化された臨床的評価によって実証された認知行為の障害
B . 毎日の活動において,認知欠損が自立を阻害する(すなわち,最低限,請求書を支払う,内服薬を管理するなどの,複雑な手段的日常生活動作に援助を必要とする)
C .その認知欠損は,せん妄の状況でのみ起こるものではない
D .その認知欠損は,他の精神疾患によってうまく説明されない(例: うつ病,統合失調症)

(American Psychiatric Association. Diagnostic and statistical manual of mental disorders, Fifth Edition. DSM-5. Arlington, VA. American Psychiatric Association, 2013)


加齢による物忘れと認知症による物忘れの違い

下記ブログを参照ください

https://hetero-clinic.jp/blog/detail/20240306092410/


HDS-Rを有効に活用するために

記憶(HDS-Rの3単語直後再生と遅延再生)

エピソード記憶の近時記憶を検査する方法
これらの課題は、記銘に関わる注意、発動性、意欲などの前頭葉機能、
記憶把持、記憶再生などのさまざまな因子の影響を受けることを
念頭に置いておくことが重要

・記銘(記憶形成)障害⇒前向性健忘 (anterograde amnesia)
・記憶の取り出し障害⇒逆行性健忘 (retrograde amnesia)

・アルツハイマー病:記銘―記憶保持の障害
・皮質下性認知症:注意障害による記銘障害、
思考緩慢による記憶の取り出し障害(記憶の利用障害)

3単語再生に対するヒントの有用性も記憶システムのどこに障害があるのかを考察する際に重要である。
・記銘―記憶保持系に障害:ヒントは有効ではない
・記憶の取り出し過程に障害:ヒントは有効

ヒントが無効である場合には、再認検査を追加する
再認:選択肢を与えて、その中から選ばせる
例)「私の言った木の名前は、サクラ―モモ―ウメのどれでしょう?」
再認課題にも失敗した場合:記銘―記憶保持系の障害は高度
ヒントは無効、再認課題可能:記憶保持はある程度保たれている

・アルツハイマー病:直後再生は比較的保たれている(=作業記憶は保たれている)
遅延再生が高度に障害され、ヒントの効果は低く、再認課題も障害される
・皮質下性認知症:注意障害のため3単語直後再生がなかなか成功しない
(思考緩慢や注意障害による記銘障害)。
思考緩慢のために遅延再生が障害されている場合が多いが、
ヒントは有効であり、再認がかなり保たれている

*遅延再生課題の時に、その直前の課題である数逆唱または計算課題を指して、
「数字のことですか」と聞き直すことがあるが、それはアルツハイマー病の場合に多い

語想起

前頭葉機能を反映するが、当然言語機能にも依存した検査である。
想起のスピード、野菜の種類のサブカテゴリーが保たれているか、最後に総想起数に注目する。

・アルツハイマー病:4~5個の野菜名を脈絡もなく列挙した後に、
答えに窮してしまうことが多い
・皮質下性認知症:思考緩慢のため返答がとつとつとしており、
考えている間に制限時間が経ってしまう
・前頭側頭型認知症:数個を早口で挙げた後、
「もうない、おしまい」と勝手に止めてしまう場合がある

野菜の種類のサブカテゴリーとは、
野菜の種類別カテゴリー(葉菜類、根菜類、果菜類など)、
用途別カテゴリー(サラダ用、漬物用、鍋用)、
季節別カテゴリーを意味する
これらのサブカテゴリーに準じた答えになっているかを観察する

・アルツハイマー病:潜在的な意味記憶障害を反映して、
カテゴリーに統一性がない場合、上位カテゴリー(いも、葉っぱ、まめなど)
で答える場合が多い。

 

上に戻る